[WILLCOM] Ubuntu 9.04でWS014INを使う

ちょっと前に、まだイー・モバイルを契約していたころは、D01NXなんかをUbuntuで動かせないものかと思っていたのですが、できないことはないにしろLinuxの知識がいろいろと必要で結局挫折したという経験がありまして。

データカード系をUbuntuで使うのは難しいのか?と思っていたのですが、W-SIMベースの通信モジュール2つ(WS002INとWS014IN)が意外とあっさり認識できてしまったので、手順をレポートします。まずは、WS014INから。

(1) ダイアルアップ接続のためのGUIツール「gnome-ppp」をインストールします。コマンドラインでやるなら、以下のように。

$ sudo apt-get install gnome-ppp


(2) gnome-pppをワンクリックで起動できるよう、ランチャーに追加します。画面上部のタスクバーのあいているところを右クリックし、「パネルへ追加」を選択

(3) 「パネルへ追加」ダイアログから「カスタム・アプリケーションのランチャ」を選択し「追加」ボタンをクリックします

送信者 mobile54's blog

(4) 「ランチャーのプロパティ」ダイアログがでますので、下記のように入力し、「閉じる」をクリックします。

送信者 mobile54's blog

(5) 追加された「gnome-ppp」をクリックして起動します。最初の画面にはプロバイダのユーザー名・パスワード・電話番号を入力します。私の場合はIIJmioをプロバイダにしています。

送信者 mobile54's blog

(6) 「Setup」をクリックします。各タブを以下のように設定します。

送信者 mobile54's blog

↑このとき「Init Strings」にはなにやら初期化スクリプトが記載されていますが、すべて削除しておいてください。

送信者 mobile54's blog

※ Networkingタブは、プロバイダの指定にしたがってください。

以上で、「Connect」ボタンを押せば接続できるはずです。
[PR]

  # by mobile54 | 2009-08-15 20:23 | WILLCOM

[LOOX U] Ubuntu再び(バージョンは9.04にup)

以前から、ちょいちょいLOOX UにUbuntuを入れて遊んでいたのですが、LOOX U特有のデバイスや、モバイル接続(EMOBILEだったりWILLCOMだったり)が認識しないということもあって、やっぱり本格運用には至らなかったんです。

[LOOX U] Ubuntu 8.04 を入れてみました
http://mobile54.exblog.jp/7071837

[LOOX U] Ubuntu Mobileを試してみた
http://mobile54.exblog.jp/7628987

しかし、前者(LOOX U特有デバイス)はまだしも、後者については、心強いというかなんというか、プロプライエタリなデバイスを使わなくてもモバイルでネットに接続できる手段が手に入ったため、モバイル環境でのインターネット接続については心配する必要がなくなりました。

そうです。WiFiSnapです。これの存在は大きいですね。

で、安心してインストールしたら、なにやらWS002IN(DD)とかWS014INはすでにUbuntuで使えるようになっているらしく・・・へぇ。そうなんだ。ということで、ネット上の情報をもとにとりあえずDDはいけるようになりました。おお、持っててよかったDD。
まあ、このあたりの情報もおいおい整理していきたいと思います。

さてさて、LOOX UでのUbuntu 9.04のインストールですが、

(1) Ubuntuのサイトより、9.04のISOイメージをダウンロード
※ ここで普通ならISOイメージをCD-Rに焼いて、その中にあるwubi.exeを実行、となるところですが、たまたま手元にCD-Rがないため・・・
(2)「Virtual CloneDrive」などのisoイメージを仮想ディスクとしてマウントできるソフト(たぶん同種のソフトなら何でもよいと思う)で適当なドライブにマウント
(3) この仮想ディスク内の「wubi.exe」を実行
(4) インストーラが起動しますので、適当に設定を選んで、あとは野となれ山となれ状態でインストールを進めればOK

といった具合です。まぁ、割と簡単ですね。
仕事でプレゼンとか、そういう用途はVistaを使いますが、それ以外はUbuntuでも行けそうな気がしてきました。
[PR]

  # by mobile54 | 2009-08-15 01:44 | LOOX U

[Android] 昔懐かしい風味の電卓アプリ Retro Pocket Calculator

なんとなく、紹介したくなったのでたまにはこんなエントリも。

Android標準でももちろん電卓アプリはありまして、見た目的にはこんな感じ

送信者 mobile54's blog

です。なんというか今風なLook and Feelですよね。

それに対しまして、Retro Pocket Calculatorは、その名のとおりレトロ風なLook and Feelです。ポケコン世代の私としましては、俄然、こちらの電卓の方がしっくりくるわけです。機能は少ないですが、どっちみち電卓アプリにそれほどの機能は期待していないと思うので、十分かなという気がします。

送信者 mobile54's blog

なんというか、絶妙なレトロ具合ですよね。
[PR]

  # by mobile54 | 2009-08-14 23:51 | Android

[Palm] ひさびさにGooSyncを使ってみましたが、やはりダメでした

全然ブログのネタには出しませんが、PalmT|Xは相変わらずスケジューラとTODO管理を主な用途に使い続けています。まあ普段は常に持ち歩いていますしたまにResco Backupでバックアップしているので、ほとんどPCとSyncすることもなく、無線LANも使う必要なしという状態でした。

でも、たま〜にPalmを忘れてしまうと、予定の確認ができなくてアポもすぐ調整できなくて、不便です。やっぱり、たまにSyncしてオンラインで確認できるようにしておきたい。端的に言えばGoogleカレンダーとの同期です。

以前、CompanionLinkというソフトを紹介しました。またOutlookを持っていればGoogle謹製の同期ツールもあるので、それでいいということはあるのですが、やはり一度PCと同期しなければいけないのがなんか面倒です。直接Googleカレンダーと同期してくれれば、と思うのですが。

直接同期といえばやはりGooSyncです。でも、こいつは日本語が全部化けてしまう。

おそらく、Palm上の日本語コードがシフトJISなのに対して、GoogleカレンダーがUTF-8なので、文字コードの不整合で化けているというのがネット上の定説です。

そこで、Palm単体で、という当初のもくろみからは外れますが、じゃあプロキシをかましてシフトJISを強制的にUTF-8に変換してサーバに送ればいいんじゃないか?と思い、試してみました。

昔は、ブラウザの文字コード判別が貧弱だったために、Delegateというサーバアプリがよく使われてたんですが、最近ではあまり聞かなくなってましたね。

ということで、以下のようなオプションをつけてやってみたのですが…

delegated -P8080 SERVER=http CHARCODE=Shift_JIS CHARCODE=UTF-8:tosv

結論からいうと失敗でした。全く、変わらなかったという感じです。
DelegateにはWindowsMobile版もあるので、WiFiSnapと組み合わせられればちょっと面倒ですがPCレスで同期ができるところだったのですが...残念。

これって、Palm用のGoosyncクライアントは、UTF-8ではなくてUS-ASCIIとかで送っちゃってるということなんでしょうか。
[PR]

  # by mobile54 | 2009-08-13 22:26 | Palm

[Ades] TwitterクライアントとしてのMZ3

MZ3というと、mixiにアクセスするためのクライアントソフト、という印象ですが、実は結構前からTwitterクライアントとしての機能も持っていました。

いままで、アドエスでのTwitterアクセスは、もっぱらMobileWeb(OperaMobileからのアクセス)を使っておりましたが、やはりリプライとかRTとかそういうのがちょっとキツイので、専用のクライアントソフトを物色していました。それと同時に、最近、W-SIMを従来のものからつなぎ放題W-SIMに差し替えて使うことも多いために、Operaからのmixiモバイルへのアクセスが不便(W-SIMが変わると「かんたんログイン」ができない)ということもあって、MZ3を入れてみたんですね。

Twitter自体をあまり使っていなかったり、試行錯誤だったりした時期には、あまり良さを感じていなかったのですが、今、改めて最新版を使ってみると、純粋なTwitterクライアントとしてもかなり良い感じなのではないか?と思えます。

ということで、しばらくはMZ3で行ってみようかな?と思います。

何か、他にもおすすめのクライアントがありましたら教えてください。
(ネットで漁ってもWM用のTwitterクライアントって意外と情報が少ないような・・・)
[PR]

  # by mobile54 | 2009-08-10 19:52 | Ades

プレゼント・・・っていうほどのものでもないアレの結果

週末、ちょっと多忙にしておりまして、伸びてしまっていた、

プレゼント・・・っていうほどのものでもないのですが、いかがでしょう?
http://mobile54.exblog.jp/8665595

の結果ですが、当選者が決まりました。
やはり予想どおり応募は皆無でして・・・商品番号002~004までは応募なし!
D01NXとVC701SIは気が向いたときにリサイクルボックス行きかな・・・

で、応募のありました001と005でございますが、抽選は行われませんでした(必要なかったということですね)。
ということで、応募された方はおめでとうございます。
順次、ご連絡しますので、もう少々お待ちくださいね。
[PR]

  # by mobile54 | 2009-08-03 01:37 | 雑記

[Android] simejiをハードキーボードで操作するためのイロハ

ウィルコム関連エントリばかり上げている私ですが、Android(T-Mobile G1)を使っていないワケじゃありません。というかむしろ週末はW-SIMをTTに挿して、モバイル用途にはもっぱらG1を外出時に使ってました。

なにしろ、こうやってG1をどんどん使う気になっているのも、フォントの日本語化とsimejiのIME対応が非常に大きいです。見た目と入力環境の両面が整ったわけですね。

参考:
[Android] 日本語フォントへの入れ替え
http://mobile54.exblog.jp/8660189

で、せっかくですから普段お世話になっているsimejiについて、作者のadamrockerさんから直接ご教授いただいたTipsも含め、ハードキーボードでsimejiを使う際のいろいろをご紹介します。

ということでGDDフォンやHT-03Aな皆様には無用のエントリで大変失礼いたします。
※ちなみにsimejiのフリック入力には全然習熟していない私です。ちょこちょこ練習中の見習い状態です。

本エントリの内容は、simeji 3.0.7での動作をもとに書かれています。

基本の入力

送信者 mobile54's blog

simejiをIMEとして設定したら、適当な入力可能な場所で入力すれば、simejiが変換候補を出してくれます。候補はキー操作でなくタッチで選択します。候補多数の場合は右端の矢印をタッチすれば候補がスクロールします。

ちなみに、右端にあるsimejiアイコンをタッチすると、かな変換が解除され、英数字の入力が可能になります。が、英数字入力時は画面下部に変換候補が出ませんので、タッチ操作でかな変換に戻すことはできません。でも大丈夫です、ということで下記をご覧ください。


覚えておきたいキーストローク

simejiをハードキーボードで使う上で覚えておきたいキーストロークを紹介します。何を隠そう、作者のadamrockerさんからつい最近twitterで直接ご教授いただいたものも入っておりますので、貴重です(?)。

(1) かな変換←→英数字入力 ・・・ Shift+Space

上記にあるようにsimejiアイコンをタッチしてもかな変換→英数字入力には切り替えられますが、逆はできません。通常は、Shift+Spaceで両者を切り替えるのがよいでしょう。

送信者 mobile54's blog

英数字入力モードの場合の注意点ですが、PCのIMEと違って、IMEがオフになるわけではないので、入力時の(候補確定前状態の)「下線」はかな変換の場合と同様に出てきますので、Enterで確定されるのをお忘れなく。

また、Enterでの確定前に途中でスペースを入れようとすると、下のようなダイアログが出ることがあります関係ないですが、Shiftと間違えてAlt+Spaceキーを押すと下記のようなダイアログが出ますので注意しましょう。

送信者 mobile54's blog


(2)ひらがな→カタカナ変換 ・・・ Shift+Enter

simejiが用いているSocial IMEやOpenWnnの辞書は強力なものですが、カタカナ語がデフォルトの変換候補に出ないことも多くあります。※ 下記の例は「もばいら」→「モバイラ」変換しようとしたときのものですが、この変換候補もなかなかすごいですね。

送信者 mobile54's blog

このようなときは、候補確定前に Shift + Enter で入力内容をカタカナにして確定することができます。WindowsのIMEでいうところの「F7」みたいなキーストロークだと思えばいいでしょう。

(3) 無変換で確定 ・・・ Enter

無変換で候補を確定する(ひらがなのまま)は、Enterキーです。これはPCなんかのIMEと同じですね。また上にもあるように英数入力モードのときもsimejiがOFFになっているわけではないので、Enterで確定させてください。

(4) MENU+C / MENU + V は効きません

ハードキーボードでは、MENU + Cで選択範囲をクリップボードにコピー、MENU + VでペーストといったようなPCでいうところの「Ctrl +C」「Ctrl + V」に相当するキーストロークがあるのですが、simejiをIMEとして利用しているとこのキーストロークは無効になります。もしかしたらここを見たadamrockerさんが将来的に対応してくださるかもしれませんが(個人的には是非お願いしたいのですが・・・)、現状では、テキストの長押しでAndroid標準の右クリックメニュー的なものが出ますので、そこから、「Copy All」「Paste」などを選択しましょう。

送信者 mobile54's blog

ま、とりあえずこれくらい分かれば ADP1なアナタもG1なアナタも今日からsimejiマスター!なんて。偉そうですいません。

また、何かネタがあれば本エントリに随時追加します。
[PR]

  # by mobile54 | 2009-07-27 00:28 | Android

[WILLCOM] SIM STYLEを秋葉原で探す

WS014INを買ってからというもの、かなりWILLCOMづいているmobile54でございます。
ま、前々からWILLCOMびいきではございましたが・・・。

前のエントリで、新つなぎ放題W-SIMをアドエスに挿したまま、今までの着信やメールも受けられるように、といろいろ設定をしてみたわけですが、もう一つの選択肢としては、あまり気は進みませんが、2台持ちというのもあるわけです。今までのW-SIMはもう1台の端末に挿して、普通の音声+メール端末として使い、ネットや仕事のメールは新つなぎ放題W-SIMを挿したアドエスで、というスタイルです。

個人的には、何度もここで書いてますが、TTが普通のEメール送受信に対応していれば「TTとアドエスの2台持ち、以上」という話なんです。

しかしながら、TTは「ライトEメール」という特殊な方式のEメール送受信しかできません。サインアップでライトEメールを使えるようにすると、アドエスに挿したときにEメールが送受信できなくなります。逆に通常のEメール設定にしておくと、TTに挿したときにEメールが受信できなくなります。どちらの場合も、メール送受信の代わりに、ライトメールや着信が入るようになります。

といって、ウィルコムストアでSIM STYLEのジャケット(単体販売端末)を買うにしても、値段は高いしラインアップは少ないしで、なんというか対象外ですね。W-VSが終わってれば、新しい単体端末をW-VSで買えますから、まだ少しは現実味もありますが。

そんなわけで、twitterで教えていただいた情報も合わせて確認するため、秋葉原へ。

全部を見れたワケじゃないと思いますが、見つけたモノはこんな感じ。値段はうろ覚えです。

・じゃんぱら
nico(イエロー) 7980円くらい
nine各色 12800円くらい

・ソフマップ
W-ZERO3各種 値段まちまち

・イオシス
nico(イエロー新品) 9980円
WS004SH(白) 18800円くらい

まあ、一番無難なのは、nicoイエロー新品かなあと思ったわけですが、ほぼ10000円という価格に、ちょっと二の足を踏んでしまい、結局は買わずじまいです。

TTの通常Eメール対応版を出してくれたら少々高くても買いますよ!ウィルコムさん!

その他、ここでも売ってるよ、という情報ありましたら、教えてください~。
[PR]

  # by mobile54 | 2009-07-25 23:45 | WILLCOM

[WILLCOM] 新つなぎ放題W-SIMをアドエスに挿しっぱなしにするために

新つなぎ放題W-SIMを入手し、アドエスにはWiFiSnapを入れたので、新つなぎ放題W-SIMをアドエスに挿しっぱなしにして使いたいと思ったりするのですが、そうすると常用しているW-SIMへの着信やメールが受け取れなくなります。

W-SIMの音声端末をもう一台入手して、そちらに常用W-SIMを挿す、という手もありますが、また持ち歩く端末が増えるのもなあ・・・という気もするので、もっとお手軽な解決方法=転送、をしてみることにしました。

PDXメール(Eメール)

これは、簡単ですね。
普段のアドレス宛に来たpdx宛のメールを、オンラインサインアップで新つなぎ放題W-SIMのメールアドレスに転送する設定にすればよいのです。おしまい。

アドエスの場合、オンラインサインアップを起動すれば設定できます。


音声着信

これも、昔からあるサービスですね。
でも、オンラインサインアップにはそういうメニューがないので、My WILLCOMかなと思ったらそっちにもない。で、あれ、どうやって設定するの?と思ってサービスガイドを見たら、あ、これって、143に電話して自動音声応答で設定なんですね。クラシカルなインターフェースがここでは健在でした。

ということで、通常の電話番号を新つなぎ放題W-SIMの番号に転送する設定にすればよいのです。おしまい。


ライトメール

音声着信を転送したらライトメールも転送してくれないかな、と淡い期待をしましたがこれはやはりダメでした。私はライトメールをよく使うほうなので、これが転送されないのは痛いなあ。

やっぱり、W-SIMジャケットの2台持ちでしょうかね?
[PR]

  # by mobile54 | 2009-07-25 02:32 | WILLCOM

[WILLCOM] WiFiSnapを使ってみました

新つなぎ放題月額980円(ただし2年限定、プロバイダ料金別途)のW-SIMを入手したので、試してみたかったのがアドエスのモバイルルータ化です。例えば、WS014INのようなPCカード端末が使えない機種(LOOX Uなど)でも、無線LANがあればよくなるので、重宝しそうです。

ちょっと前は、WMのモバイルルータといえばWMWifiRouterが有名だった気がしますが、最近はWILLCOMの場合、WiFiSnapというソフトを盛んにプロモーションしています。

私も、ちょっと試してみるかな・・・と思いサイトにアクセスすると、なんと「★ブロガー様に無料にて、シリアルIDを進呈するキャンペーン実施中!★」なるキャンペーンが!

早速、条件を整えて、応募しました。夜中にメールを送ったのですが、翌朝にはシリアルIDが送られてきました。応募条件などもチェックしているわけですから、そう考えると、仕事が早いですね!

そんなわけで、早速アドエスにインストール&アクティベーション。
for ZERO3というエディションがあるくらいですから、インストールもアクティベーションもすんなりです。

送信者 mobile54's blog

驚いたのは、初期設定がまるで不要だったこと。
ただ普通に起動し、「開始」ボタンをタップするのみ。

以前、EMONEでWMWifiRouterを試したときは、ICSがいるとかなんとか、いろいろあって何だかうまくいかない感じだったので挫折してしまったのですが(私のやり方がダメだった可能性も高いですが)、WiFiSnapは簡単ですよ奥さん。誰でも簡単にできちゃうっていうのは素敵です。

で、あとは、通信対象の機器から「WiFiSnap」という名前のアクセスポイントに接続するだけ。これだけ。
いやー簡単。

別に、シリアルIDもらったから提灯で持ち上げてるわけじゃないんですよ。WMWifiRouterで挫折した経験がベースにあるので、あまりにも簡単で拍子抜けしてしまったのです。

あとは、LOOX UのVistaの無線LAN機能がなんか使いにくくて、最初は接続に手こずりましたが、XPのノートPCだと一発で繋げたので、多分LOOX UというかVistaの問題なのかなと思います。

あとは電源の問題ですね。屋内とか動かない場所ならアドエスをUSB充電すれば良いんですが、それならモデム繋いでるのと変わらないだろ、って声が聞こえてきそうです。まあ、それもそうなんですが、楽しいから良いのです。

あとは、大容量のバッテリーを買うとか?

う~ん、なんかPHS300とかにはまる人の気持ちが分かってきました。
私のほうは回線速度といい価格といい、かなり貧乏性な感じですが。

そんなわけで、新つなぎ放題W-SIM持ってるZERO3ユーザーにはWiFiSnapはかなりいいです。
[PR]

  # by mobile54 | 2009-07-25 01:11 | WILLCOM

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE